人生最大の気づき

「はじめに」

私は昭和39年、東京オリンピックの年に東京は北千住にて生を受けました。

今は横浜のはずれで暮らしています。


そして現在、「絆」をテーマとし、本人の「気づき」により、『やる気、勇気、元気』を引き出し、個人の「生きがい」や「やりがい」を見いだし、『目的を持って豊かな人生を歩んで頂くための研修』を行っている企業のインストラクターとしてお手伝いをしています。


その始まりは、私自身が2014年10月にその研修を受講したことです。


当時の私は、めちゃくちゃ心が病んでいました。

その理由は、その丁度1年前の2013年10月に二度目の離婚をし、家族を失ったからです。

特に息子との別れが大打撃だったのです。

息子が中1のときでした。


息子が小学生の頃は、プロゴルファーを輩出しているゴルフスクールへ通わせ、一緒にラウンドしたり、毎朝一緒にジョギングやウォーキングをしたりしていました。


当時の私は、『巨人の星』に出て来る『星一徹』のような、めちゃくちゃ厳しいスパルタおやじでした。

息子には厳しく接していましたが、息子のことは大好きで、心の中ではいつも「息子と二人だけで暮らせたら良いのになぁ」と、思っていたのです。


(1)きっかけはイオンで出会った女の子

2018年12月9日、日曜日の夜のことです。

私は2~3週間に一度、日曜の夜、近くの『イオン』に食料品の買い出しに行くのです。

その日も夜の9時過ぎに買い物を終え、大型のカートを押しながらエレベーターへ向っていました。

エレベーターの前まで行くと正面の扉が空いていて中に人が見えたので、乗せてくれるのかと思い速足にしたのです。

しかし、無情にも扉は私の目の前で閉まり乗れませんでした。


私は、「しょうがない」と思い、目の前のボタンを押してから少し後ろに下がって、次のエレベーターを待ちました。

その時私は、右端のエレベーターの一段低い所にあるボタンが点いていないことに気づいたのです。

ですがそれを押しに行くのが面倒で、行かずに次のエレベーターが来るのを待っていました。


すると、一人の女の子がそのボタンを押して私の後ろに並んだのです。

私は内心、「気が効く子だな~」と、思ったのです。

良く見るとその子は、小学2年生か3年生位の感じの子でした。


すると、次に来たエレベーターはその子が押したボタンの所のエレベーターだったのです。

私は、「やるじゃん!グッジョブ!」と、心の中でエールを送っていました。

私は先にカートを押して、エレベーターの入口を背にして乗りました。

そして、あとからその子と、その両親が乗って来て、その子はすぐに4Fのボタンを押したのです。

私も同じ階でした。


4Fに着くと女の子の両親が先に下りたのです。

ですから私は、女の子を先に下ろしてあげようと思い、その子が下りるのを待ったのです。

ですが、下りる気配がしないのです。


振り返って見ると、その子は、『開』のボタンを押したまま、目で「どうぞ」と言ってくれたのです。

私は、「ありがとう」と言って、エレベーターの中でカートをUターンさせたのです。


そして、もう一度その子と目が合うと、その子は満面の笑顔で応えてくれたのです。

私は、「可愛い子だな~」と思いながら、エレベーターを先に下りたのです。

するとその子は、今度は笑顔でスキップしながら、私を横目で見て両親の元へ行ったのです。


そのとき思ったのです。

「私のありがとうの一言に、笑顔とスキップで応えてくれたんだなぁ」と。

そうしたら、なんかすっごく、幸せな気分になってきたのです。

そして、「一日の終りにこんなに幸せな気分になれて、俺ってほんとラッキーだなー」と、思ったのです。


そうしたら、その感じが、何かすっごい久し振りのような気がしたのです。

そして、そう感じられる自分が、凄く嬉しくなってきたのです。


すると、『美しいものを、美しいと思える、あなたの心が美しい』という言葉が、ふと浮かんできたのです。

そして、「幸せと思える、俺の心が幸せなんだなぁ~」と、なんか自然に思ったのです。


そうしたら急に、「あぁ、俺、もう大丈夫だぁー」と、すっごく感じたのです。

30代の終わり頃からずーっと続いてきた長かったトンネルから、なんかやっと抜けられたような気がしたのです。


やっと、30代の頃の自分に戻ったと言うか、追いついたと言うか、なんかそんな気がしたのです。


(つづく)

2019年12月 8日 (日)

俺の道 ~自立編Ⅰ~ (5)

N村とTが出て行った後、俺にも僅かな平穏な日々が生まれ始めたのだった。しかし、それは長くは続かなかったのだった。野郎どもが去った後、新たに来たのは・・・。

» 続きを読む

2019年12月 7日 (土)

俺の道 ~自立編Ⅰ~ (4)

俺の部屋には、いつしかN村とTの二人が住み着いたのだった。その二人には彼女が居た。しかし、俺には居なかった。俺がTの彼女の家に一緒に遊びに行くと、そこは・・・。

» 続きを読む

2019年12月 6日 (金)

俺の道 ~自立編Ⅰ~ (3)

俺は、BLACK EMPERORの仲間とつるみ、集会には参加していたが、心の中は常に一匹狼だった。そして、その俺の心を支えていたのは・・・。

» 続きを読む

2019年12月 5日 (木)

俺の道 ~自立編Ⅰ~ (2)

城を手にした俺が次に求めたのは女だった。当時の俺の彼女はめちゃくちゃうるさい奴だった・・・。

» 続きを読む

2019年12月 4日 (水)

俺の道 ~自立編Ⅰ~ (1)

1976年4月下旬、俺は遂に念願だった親元を脱出したのだった。そして、初めて俺が手にした城は・・・。

» 続きを読む

2019年12月 3日 (火)

自己実現塾 1 (11月期)

自己実現塾1ヶ月目の動画は、『心の安全基地を強化する』というものでした。そして、その中で野口先生が語られた『アクティングアウト』。私は、この言葉の意味を知ることで、過去の自分が行って来た数々の異常とも思える行為の理由が解ったのです。

» 続きを読む

2019年12月 2日 (月)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (13) <最終回>

22時前、俺たち3人は再会を約束して別れ、それぞれの帰路についたのだった。俺は23:30頃に帰宅し直ぐに就寝した。そして翌日、俺が最初に取った行動は・・・。

» 続きを読む

2019年12月 1日 (日)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (12)

池袋の西口交番前で、俺たち3人は合流したのだった。そして、直ぐ近くの居酒屋に俺たちは入った。しかし、その居酒屋で俺たちは思いがけない対応を受けたのだった。それは、まるで今の自分を試されているように俺は感じたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月30日 (土)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (11)

俺は西武秩父駅から、横浜行きのS-TRAINではなく、池袋行きのレッドアローに乗った。池袋では、小学5~6年生時代のF先生と会う約束なのだった。そして、もう一人同級生の・・・。

» 続きを読む

2019年11月29日 (金)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (10)

俺を乗せたバスは、一路『西武秩父駅』に向って走り出した。到着の予定時刻は、15:45だった。走り出すと直ぐにある可笑しな現象が始まったのだった。そして、込み上げて来る笑いを必死に堪えていた俺に緊急事態が訪れたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月28日 (木)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (9)

参拝を終えた俺は、いよいよ楽しみだった『ヤマメの塩焼き』と『焼きシイタケ』での一杯タイムとなったのだった。そして、そこには予想していなかった心地良さが潜んでいることに俺は気づいたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月27日 (水)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (8)

おみくじで自分の生き方に確信を得た俺は、昨年行きそびれた『えんむすびの木』に向った。俺がイメージしていた『えんむすびの木』は、『神木』のような木だったのだが、目にした木は違っていたのだった。その木は・・・。

» 続きを読む

2019年11月26日 (火)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (7)

これまでの1年間のお礼と感謝、そしてこれからの祈願を終えた俺が次に向ったのはおみくじだった。引いたおみくじを開いた瞬間、俺は激震した。そこに書かれていた文字は・・・。

» 続きを読む

2019年11月25日 (月)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (6)

随身門を抜けた次は、いよいよ拝殿への参拝だった。拝殿で祈願した、俺の祈りとは・・・、願いとは・・・。

» 続きを読む

2019年11月24日 (日)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (5)

『ヤマメ』と『シイタケ』に後ろ髪を引かれながらも、俺は鳥居の前に立った。そして、普段はあまりやらないことを俺はしたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月23日 (土)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (4)

三峯神社への参拝は、昨年の参拝からこの一年間のお礼と、これからの願いがもちろんメインなのだが、俺には別の目的もあったのだった。その目的とは・・・。

» 続きを読む

2019年11月22日 (金)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (3)

西武秩父駅を発車したバスは、一路三峰神社に向って走っていた。俺は車窓からの紅葉を楽しんでいた。そして、バスが終点の『三峯神社』の一つ手前の『秩父湖』を過ぎたところで事件は起こったのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月21日 (木)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (2)

西武秩父駅を出た俺は、真っ直ぐに三峯神社行きのバス停に向った。俺は一番乗りだった。一番乗りは良かったのだが、俺以外には誰もいなかった。そして、バス停に貼られた『お知らせ』を見ると、台風19号の影響で・・・。

» 続きを読む

2019年11月20日 (水)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (1)

11月16日、この日俺はあるところに向った。年に一度のことで、昨年に続いて2年連続、6年前の初めての時と合わせると3度目の訪問だった・・・。

» 続きを読む

2019年11月19日 (火)

俺の道 ~中高生編~ (17) <最終回>

三学期の期末テストが終わった日、俺は職員室に呼び出されたのであった。俺には赤点は1個もなかった。しかし、2年になる為には出席日数が足りなかった。担任から言われた「どうする?」という問いに対する俺の答えは・・・。

» 続きを読む

2019年11月18日 (月)

俺の道 ~中高生編~ (16)

二学期が終わった後の冬休み、俺は小学時代から仲の良かったK川の依頼で冬休み中の短期バイトをすることになったのだった。そのバイトは普通のバイトより時給はかなり良かったのだが、その代償もあったのだ。その代償とは・・・。

» 続きを読む

2019年11月17日 (日)

俺の道 ~中高生編~ (15)

16歳になった俺は、人生の初体験の連続だった。その経験は、いきなり大人たちの世界に放り込まれた感じだった。その世界とは・・・。

» 続きを読む

2019年11月16日 (土)

俺の道 ~中高生編~ (14)

二学期も終りに近づいてきたある日、俺とM沢に予想外の事件が起きたのだった。それはもう一人の仲間のI盛がきっかけだったのだが・・・。

» 続きを読む

2019年11月15日 (金)

俺の道 ~中高生編~ (13)

俺のバイトでの仕事覚えは悪くなかった。そして、バイトの仕事だけではなく、大人の世界も・・・。

» 続きを読む

2019年11月14日 (木)

俺の道 ~中高生編~ (12)

俺は念願だったアルバイトを始めた。そして、そのバイト先で知り合った先輩との時間つぶしでの遊びで、俺は人生初めての体験をするのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月13日 (水)

俺の道 ~中高生編~ (11)

2学期になり、同級生で同じサッカー部だったM沢がアパートでの一人暮らしを始めたのだった。それを知った俺は、ある作戦を思いついたのだ。俺はM沢の協力を得てその作戦を決行したのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月12日 (火)

俺の道 ~中高生編~ (10)

二学期が始まる初日、俺は母親から一言注意されたのだった。そして、その注意は現実のものとなり、俺は退学に向けた意志をより強固なものとしたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月11日 (月)

俺の道 ~中高生編~ (9)

入学したばかりの高校を、1年で絶対に辞めてやると決意した俺は、取りあえずサッカーだけは頑張ろうと思ったのだった。しかし、夏休みの校内合宿で、そんな思いは跡形も無く消し飛んだのだった。その理由は・・・。

» 続きを読む

2019年11月10日 (日)

俺の道 ~中高生編~ (8)

俺が行った都立高校は、なんと『志村けん』の母校だった。そして、小学校から仲の良かったK川も同じ高校になったのだが、K川から聞いた一言で、俺はある決意を固めたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 9日 (土)

俺の道 ~中高生編~ (7)

サッカー部を引退した俺のツッパリ方は日増しに強くなって行った。ただ、俺自身はグレているつもりは全然無かった。そして、その反動は、高校受験の日に形となって現れてきたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 8日 (金)

俺の道 ~中高生編~ (6)

サッカー部を引退した俺は、徐々に変わって行った。そんな俺を無謀にもタイマン勝負に呼び出した愚かな奴が一人いたのだ。そして、36年振りに会った同窓会で、俺はそいつが当時俺を呼び出した動機に初めて気づいたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 7日 (木)

俺の道 ~中高生編~ (5)

俺たちH中サッカー部は、東京都代表に選ばれた。それは、朝鮮代表との親善試合の代表だった。その友好のための親善試合で俺はやらかしたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 6日 (水)

俺の道 ~中高生編~ (4)

俺は、中2のある時、隣の学区域に引っ越しをした。その引っ越しはその後の俺の生き方に少なからずも影響を与える引っ越しとなったのであった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 5日 (火)

俺の道 ~中高生編~ (3)

俺たちH中サッカー部は、都大会に優勝しての全国大会への夢は叶わなかった。しかし、共に汗を流した仲間の内、二人が帝京高校で全国優勝を果たしたのだ。当時の俺にとっては、それが誇りだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 4日 (月)

俺の道 ~中高生編~ (2)

サッカー部に入った俺たちの憧れは、公式戦用の伝統のユニフォームだった。そのユニフォームは、普通に見ると単なるボロ雑巾のようなユニフォームだったのだが・・・。

» 続きを読む

2019年11月 3日 (日)

俺の道 ~中高生編~ (1)

小学校を卒業した俺は、地元の公立中学のH中に入学した。そして、最初に入った部活は科学部だった。しかし・・・。

» 続きを読む

2019年11月 2日 (土)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ <番外編(2)>

ミュージカル『鏡の法則』を観終えた俺たちは駅に向って歩いた。俺は、この後遥ちゃんと別れて横浜でTと飲むつもりだった。しかし、そこには思ってもいなかった展開が待っていたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年11月 1日 (金)

ドラマ『同期のサクラ』 ~第3話を見て~

◆ じいちゃんの言葉 ◆ 前夜に続き、晩酌をしながら第3話を見ました。 今回は、入社3年目、同期...

» 続きを読む

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ <番外編(1)>

遥ちゃんと観に行く予定の『ミュージカル「鏡の法則」』まで、残り一週間となった。俺にはやらなければならない難関が待ち構えていたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月31日 (木)

ドラマ『同期のサクラ』 ~第2話を見て~

◆ サクラの感性 ◆ 昨夜第2話を見て、私はサクラの感性が凄いと思いました。 ストーリーはサクラ...

» 続きを読む

自己実現塾 0 (10月期)

10月12日、私は野口嘉則先生が主催する『オンライン自己実現塾/自分づくり&自己受容コース』の受講申込を行いました。なぜなら・・・。

» 続きを読む

2019年10月30日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (33) <最終回>

俺自身に多くの気づきを与えてくれたこの小説も遂に最終回を迎えたのだった。果たして俺には、第二部に続く、新たな恋は芽生えて来るのであろうか・・・。

» 続きを読む

2019年10月29日 (火)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (32)

30代の子どもが産める年齢の女性との恋愛を望んでいる俺ではあるのだが、年の差婚には物凄い勇気がいるのではないか・・・。そして、その勇気は、どこから湧いて来るのだろうか・・・。

» 続きを読む

2019年10月28日 (月)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (31)

たった10日間にもみたない俺の恋は、ここに幕を閉じたのだった。しかし、何故か恋が実るよりも大きな充足感が生まれているのであった。なぜなら・・・。

» 続きを読む

2019年10月27日 (日)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (30)

俺は、前話まで書いて9月度の研修に参加した。そして、研修でこの小説を書いて来て気づいたことを実践してみたのだった。その成果は・・・。

» 続きを読む

2019年10月26日 (土)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (29)

俺が若い頃から貫いてきて、信念のようになっていた、『来るもの拒まず、去る者追わず』の考え方・・・。この言葉の中には表現されていない、文字には書かれていない大切なことに俺は気づいたのだった・・・。その大切なこととは・・・。

» 続きを読む

2019年10月25日 (金)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (28)

自分の深層心理に気づいた俺は、許した後の次のステップに気づいたのだった。そして、本当に手放すべきものは、27年以上前に別れ、消し去られていたはずの元妻への想いだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月24日 (木)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (27)

『俺の道』小学生編を書き終えた俺は、恋愛編・第一部を書き始めた。すると次第に俺の深層心理が浮かび上がってきたのだった。俺の深層心理は、一体何を手放そうとしていたのか・・・。

» 続きを読む

2019年10月23日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (26)

俺は、彼女への手紙を小説化する前に、まずは俺の小学生時代の出来事を小説化したのであった。すると、そこには思いがけない気づきが待っていたのであった・・・。そして、その気づきとは、俺自身が何冊もの本を読んでも見つけられなかった、真に俺が探し求めていたものなのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月22日 (火)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (25)

Wさんの店の仮オープンで終わりを告げられた俺の恋は、その二日後、サザンのある曲をきっかけに訳の分からない展開を見せ始めたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月21日 (月)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (24)

俺自身が諦めない限り、可能性は絶対に0にはならないことを知った俺は、アホの坂田になったのだった。そして、完全に浮かれていた俺の恋は、自分で気づき始めてから10日も経たずして、幕を閉じたのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月20日 (日)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (23)

俺はその日の朝、何故かトイレの中で、機会があれば研修生に話そうと思っていた可能性の話しを俺自身に話していたのだった。すると、俺はあることに気づいたのであった。その気づきとは・・・。

» 続きを読む

2019年10月19日 (土)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (22)

俺は何を思ったのか、突然閃き、手持ちの何枚かの写真で彼女のアップの写真を作り、PC画面の片隅に配置し、いつでも見られるようにしたのだった。俺のその姿はあまりにも・・・。

» 続きを読む

2019年10月18日 (金)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (21)

『主夫』という在り方に気づいた直後、俺はまるで導かれるがごとく、『鏡の法則』のミュージカルの存在を知り、完売で取れないと思っていたチケットが取れてしまったのだった・・・。そして俺は・・・。

» 続きを読む

2019年10月17日 (木)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (20)

池江璃花子選手のことをBLOGに書き終えた時、俺は不思議な感覚に襲われたのだった。そして俺は、突然閃いたのだった・・・。その閃きは、俺の道を開くものなのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月16日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (19)

俺は、5月8日に池江選手のオフィシャルHPの存在を知り、初めての応援クリックをした。その後、いつしか毎日のようにクリックするようになっていた。すると思いもしなかった気づきが得られたのだった・・・。その気づきとは・・・。

» 続きを読む

2019年10月15日 (火)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (18)

Lちゃんの子どもミュージカルの後、俺たち3人は居酒屋に入ったのだった。そして俺は、昭和のおっさんと、平成の子との世代間ギャップを痛感させられたのだった・・・。そのギャップとは・・・。

» 続きを読む

2019年10月14日 (月)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (17)

Lちゃんの子どもミュージカルの日、俺はこれまでの人生で初となる体験を立て続けに2つもしたのであった・・・。そして、ある喜びを知ったのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月13日 (日)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (16)

俺は息子との暮らしの再開とともに、毎晩晩飯を作る様になっていた。そして、Lちゃんの子どもミュージカルの前夜、晩飯の写真を送ったきっかけで発したある一言で、何かを閃きそうになったのだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月12日 (土)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (15)

羊になった俺の中に突如として現れた複数の俺・・・。羊の俺はどうして良いか分からなくなったのだった・・・。そして・・・。

» 続きを読む

2019年10月11日 (金)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (14)

俺は、MISIAの歌う『アイノカタチ』が大好きだった。そして、俺は伝えたのだった。俺の一番好きな『あのね』はこれだよと・・・。すると・・・。

» 続きを読む

2019年10月10日 (木)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (13)

俺は、親友Tの娘のLちゃんに彼女が出演する子どもミュージカルに誘われていたのだった。そして、二人の女性に同伴を求めたのだった。すると・・・。

» 続きを読む

2019年10月 9日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (12)

俺は、これまで何年間もある悩みを抱えていたのだった。羊の俺が抱えている悩みとは・・・。

» 続きを読む

2019年10月 8日 (火)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (11)

俺は、優しくなりたい、優しく出来るようになりたいと心底思っていた。しかしそれは、俺にとっては超難関なのであった。羊の俺は決死の覚悟で挑んだのであった・・・。

» 続きを読む

2019年10月 7日 (月)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (10)

俺の意識が180度の転換を果たしたことで、昔から強かった『根拠のない自信』を取り戻したのであった。そんなある日、俺はある異変に気づいたのだったが・・・。

» 続きを読む

2019年10月 6日 (日)

応援メッセージ

私が池江璃花子さんに宛てた応援メッセージは、文字数制限があるのか、HPからは何故か送ることができませんでした。そして、・・・。

» 続きを読む

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (9)

俺の意識は180度の転換を果たした。しかし、理想と現実の中には大きなギャップがあったのだった。更には、そのギャップの中には大きな矛盾が潜んでいたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月 5日 (土)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (8)

俺は、口では常にポジティブなことを言ってはいても、実際のところ、自分の残りの人生に対しては、かなり悲観的だった。ところが、あることをきっかけに俺の意識は180度の転換を果たしたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月 4日 (金)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (7)

とんでもないことの始まりになってしまった俺の手紙だったのだが・・・。それはまさに、ピンチの顔をしてやって来たチャンスだったのだった・・・。

» 続きを読む

2019年10月 3日 (木)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (6)

俺の書き出した手紙は、数日後、それがとんでもないことの始まりになってしまったのだった・・・。なぜなら・・・。

» 続きを読む

2019年10月 2日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (5)

俺は、なぜ自分が情けなくなったのか?情けなくなった俺が取った行動とは・・・。

» 続きを読む

2019年10月 1日 (火)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (4)

12日の俺はルンルンだった。そして、運命の13日、俺は勇気を振り絞ったのだったが・・・。

» 続きを読む

2019年9月29日 (日)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (3)

始まりは、アドラー心理学の『幸せになる勇気』を読んだことによるものだった。そして、行き着いた先に『鏡の法則』のミュージカルがあったのだった・・・。果たして俺には、『幸せになる勇気』があったのだろうか・・・。

» 続きを読む

2019年9月27日 (金)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (2)

俺には大きなコンプレックスがあった・・・。そして、バツ2だった・・・。そんな俺の恋愛偏差値は・・・。

» 続きを読む

2019年9月25日 (水)

俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (1)

2019年8月14日14時、俺は一人の女性に手紙を書き始めたのだった。その理由は、前日のLINEにあった。俺は、あるミュージカルに彼女を誘ったのだが・・・。

» 続きを読む

2019年9月23日 (月)

俺の道 ~小学生編~ (11) <最終回>

小学4年生からやらされた密教の『千座行』。その修行の日々から、俺は何を感じ、何を得て来たのか?!そして、小学6年生の俺が下した決断とは・・・。

» 続きを読む

2019年9月21日 (土)

俺の道 ~小学生編~ (10)

F先生の動機付けで、俺は知らぬ間に勉強が出来るようになっていたのだった。そして、それまで一度も考えたことがなかったことへの思いが突如発生したのだった。その思いとは・・・。

» 続きを読む

2019年9月19日 (木)

俺の道 ~小学生編~ (9)

F先生はPTAでの評判は決して良いとは言えなかったが、生徒たちからの人気は抜群だった。F先生は生徒たちをやる気にさせる動機付けの天才だったのだ。F先生が生徒のやる気を引き出すためにやったこととは・・・。

» 続きを読む

2019年9月17日 (火)

俺の道 ~小学生編~ (8)

俺が5年生のクラス替えで出会った『F先生』。俺の人生は、F先生との出会いなくしては語れないだろう。なぜなら、その先生は普通ではなかったからだ・・・。

» 続きを読む

2019年9月15日 (日)

俺の道 ~小学生編~ (7)

引越した先の新たな家は、道路から一段高くなっていた。子どもの俺はその理由を知らなかった。しかし、ある大雨の日その理由を知ったのだった。小学生の俺にとってはあまりにも恐ろしい出来事によって・・・。

» 続きを読む

2019年9月13日 (金)

俺の道 ~小学生編~ (6)

俺の人生での初めての習い事は剣道だった。剣道は大好きだった。しかし、6年生になる頃にはサボって行かなくなった。その理由とは・・・。

» 続きを読む

2019年9月11日 (水)

俺の道 ~小学生編~ (5)

ある朝、俺は寝坊をし、一人学校に向って走っていた。校門を目の前にした俺は、突如何者かにとり憑かれ、行く手を阻まれたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年9月 9日 (月)

俺の道 ~小学生編~ (4)

俺に残る初めての外食の記憶は、俺の一言で起きた爆笑だった。そして、母が言った「男の子だから大丈夫!」の真の意味とは・・・。

» 続きを読む

2019年9月 7日 (土)

俺の道 ~小学生編~ (3)

ある雨上がりの下校途中、俺たちは無邪気に遊んでいた。しかし、突然それは起こった。そこにいた全員が一瞬で凍りついたのだった・・・。

» 続きを読む

2019年9月 5日 (木)

俺の道 ~小学生編~ (2)

俺は、めちゃくちゃ活発な子どもだった。常に生傷が絶えなかった。しかし、俺には万能薬があったのだった。その万能薬とは・・・。

» 続きを読む

2019年9月 3日 (火)

俺の道 ~小学生編~ (1)

俺の幼少期における最も古い記憶。それは、楽しい記憶ではなかった・・・。その記憶は・・・。

» 続きを読む

2019年9月 1日 (日)

逃れの道 (2)

男が剣道を始めた真の理由とは・・・。そして、目指す剣道とは・・・。

» 続きを読む

2019年8月30日 (金)

逃れの道 (1)

男が50の手習いで始めた剣道・・・。そして、リバ剣とは・・・。

» 続きを読む

2019年8月28日 (水)

人生の英知 (2)

幸運とは、準備がチャンスに巡り会うこと・・・。その真の意味とは・・・。その為に必要なこととは・・・。

» 続きを読む

2019年8月26日 (月)

人生の英知 (1)

『One for all,ALL for one』の考え方と生き方を本能として身に付けている動物とは・・・。 そこから学ぶべきこととは・・・。

» 続きを読む

2019年8月24日 (土)

存在というもの (2)

池江選手のHPで、彼女の無事を願いながら毎日1回の応援クリックをしていたら・・・。逆に素晴らしい気づきを与えられてしまいました・・・。その気づきとは・・・。

» 続きを読む

2019年8月22日 (木)

存在というもの (1)

池江璃花子選手のオフィシャルホームページを知り、私が取った行動とは・・・。そして、感じたこととは・・・。

» 続きを読む

2019年8月20日 (火)

ラグビーの精神 (3)

ラグビーの名言、『One for all,ALL for one』。その真の意味とは・・・。

» 続きを読む

2019年8月18日 (日)

ラグビーの精神 (2)

ドラマのタイトルにもなっている、『ノーサイド』。ラグビーの根底にある『ノーサイドの精神』。その真の意味とは・・・。

» 続きを読む

2019年8月16日 (金)

ラグビーの精神 (1)

今年の夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の松たか子の台詞には驚かされました・・・。そして、ラグビーの精神性には・・・。

» 続きを読む

2019年8月14日 (水)

大きな樹

あの~樹 なんの樹 気になる樹  で有名な『日立の樹』。私は、あの樹のような人間になりたい。その想いとは・・・。

» 続きを読む

2019年8月12日 (月)

最強 VS 無敵 (2)

最強と無敵。似て非なるもの。 さて、どちらが幸せなのでしょう?

» 続きを読む

2019年8月10日 (土)

最強 VS 無敵 (1)

最強と無敵。似て非なるもの。 さて、どちらが強いのでしょう?

» 続きを読む

2019年8月 8日 (木)

横浜市民こどもミュージカル2019 (2)

ギャング系おやじの目に涙・・・。その相手とは・・・。そして、その訳とは・・・。

» 続きを読む

«横浜市民こどもミュージカル2019 (1)