« 人生最大の気づき (2) | トップページ | 人生最大の気づき (4) »

2019年7月 5日 (金)

人生最大の気づき (3)

(3)歩んで来た道

私は、高校を1年修了時に中退し、最初はガテン系の肉体労働からのスタートでした。

初めて貰った4月分の給料で、直ぐに風呂なし6畳ひと間のアパートを借りて家を出ました。

10代の頃はめちゃくちゃでした。

ヤンキーで何度も警察のお世話になりました。

19の時には鑑別所に入りました。


20~22の頃は、住込みで料理のバイトをやりながら地方を転々としていました。

今風に言うと『自分探しの旅』みたいなことです。


ひょんなことから23で不動産業界に入り、29で独立しました。

そして、30代半ば頃には、約6年前に別れた元妻が経理をやり、年商で4億を少し超える位になっていました。

その頃は粗利で4割位ありましたから、個人の会社としては、けっこう儲かっていた方だと思います。


でもそこが、私のこれまでの人生での頂点だったのです。

その後、40少し前からは、沢山の失敗をしてきました。


最初は一番信頼していた人の裏切りでした。

そして、人間不信になりました。

全てのお金を失くし、会社を失くしました。

残ったのは9ケタにのぼる借金でした。


その後、私を支援してくれていた、『大好きで大切な人たち』を、一人、また一人と病気で亡くしていきました。

みんな5~60代で、ガンでした。


当時の私は、年上としか付き合っていませんでした。

ほとんどの人が一回り半から二回り位上の人たちばかりでした。


「なんで俺を騙した奴等はのうのうと生きているのに、俺が大好きな良い人たちばかりが先に死んでいくんだ?!」と思いました。


そして、亡くなっていった方たちの命日が、私の誕生日の前日だったり、前々日だったりしたのです。


「もしかしたら、俺が好きになったから死んじゃったんじゃないのか?」

「もしかしたら俺は、人を好きになってはいけない人間なんじゃないのか?」と思いました。


その間、何度か再起のチャンスがあったのですが、少し上手く行くと一気に勝負に出ては失敗する、その繰り返しでした。


亡くなっていった方たちには、期待に応えられず、申し訳無い気持ちで一杯でした。

何度も絶望しかけました。

何度か遺書も書きました。


それでも家族のためと思って、なんとか頑張って来たのです。

しかし、最後はその家族も失いました。


お金、会社、大切な人たち、そして最後は家族、全てを失ったのです。


(つづく)

« 人生最大の気づき (2) | トップページ | 人生最大の気づき (4) »

気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生最大の気づき (2) | トップページ | 人生最大の気づき (4) »

フォト

BLOG RANKIG

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ