« 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (10) | トップページ | 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (12) »

2019年11月30日 (土)

俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (11)

(11)一石二鳥

バスは、西武秩父駅の手前で多少の渋滞になったが、ほぼ予定時刻通りに到着したのだった。

寝ていたはずの俺の前の席の女性は、到着すると真っ先に降りたのだった。

俺が降りると、既に数m先を彼女は駅に向って歩いていた。


俺は、帰りも同じ電車ってことはないよなぁと思いながら彼女の後ろを歩いていた。

すると、彼女は駅の手前でキップ売り場とは反対方向の左に折れて、駅の外に出て行ったのだった。

そっちは駐車場と民家くらいしか無かった。


俺は思った。

もしかして彼女は地元の人だったのか・・・?。

しかし、彼女がどうあれ、朝から一日楽しませて貰ったと思い、俺は内心で彼女に礼を言った。


特急券を買う為にキップ売り場に行くと、中学生と思しきテニス部の集団が大勢並んでいた。

俺はその集団の直ぐ後ろに並んだ。

特急券の購入まで、15分ほど時間を要した。

一応、16:25発のレッドアローの特急券の購入は出来たのだった。

到着予定は17:46だった。


俺は乗車前に一服しておこうと思い、朝行った同じ喫煙所に行った。

タバコを吸い始めると直ぐに、俺はまたトイレに行きたくなったのだった。

俺は、タバコを半分も吸い終わらない内に一服を中断してトイレに走った。

トイレに行った俺は、バスの途中、あのタイミングでしておいて良かったと思ったのだった。


俺は缶コーヒーを買って、まだ少し早かったがレッドアローに乗車した。

俺はこの後、池袋で会う小学5~6年生時の恩師のF先生にメールをしたのだった。

予定の電車に乗れたから、17:30に池袋に着くと。

レッドアローが発車すると、車内アナウンスで池袋到着が17:46とアナウンスされたのだった。


俺は、勝手に17:30と思っていたのだが、17:46だと知り、F先生に再度メールをした。

そして、池袋で更に合流予定の同級生のK池にもLINEを送ったのだった。


池袋には、俺がウトウトしている内に到着した。

池袋の改札を出ると、直ぐにF先生の後ろ姿が目に入り、俺は声を掛けて合流した。

そして、本来はF先生もそこで合流するはずだった待ち合わせ場所に二人で向ったのだった。


待ち合わせ場所の西口の交番前に同級生のK池はいた。

しかし、その姿は、2年前に合った時とは違い、やせ細り、様変わりしていたのだ。

一気に10歳以上老けこんだように見えた。

K池は何やら病気を患い入院していたとは聞いてはいたのだが・・・。


俺は、今回の三峯神社への参拝の際に、同級生の何人かに声を掛けたのだった。

みんな仕事なんかで都合がつかなかったようだったのだが、K池だけは先生に会いたいと、仕事の後に池袋での飲み会にだけ参加して来たのだった。


俺は、6年前初めての三峯神社への参拝の為に池袋に前泊した際、同様にF先生と会って一杯やったのだった。

その時が2~30年振りの再会だったのだ。

以来、F先生とは最低一年に一回は会うようにしている。


俺は、先生が先に亡くなるのか、俺が先に死ぬのかは分からないが、いつか会えなくなると思っているのだ。

俺は、40代に何人もの大切な人との別れを経験して来た。

だから、大切な人には、出来るだけ会える時に会っておくという思いなのだった。


K池は特に俺と仲が良い訳ではなかった。

しかし、K池とは中学も同じだった。

多分、K池も俺と同じような思いで、参加して来たのだろうと思っていた。


F先生は、三峯神社との一石二鳥に都合の良い場所に暮らしてくれていて、俺にとっては大助かりなのであった。


(つづく)

« 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (10) | トップページ | 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (12) »

出来事」カテゴリの記事

俺の道 50代編」カテゴリの記事