« 俺の道 ~アラカン編~ 自己実現塾『晴太老の部屋』の巻 (4) | トップページ | 俺の道 ~自立編Ⅰ~ (8) »

2019年12月15日 (日)

俺の道 ~アラカン編~ 自己実現塾『晴太老の部屋』の巻 (5)

(5)進化の瞬間

俺は、夏目雅子が好きだった理由の原点を思い出した。

それが、『西遊記』の三蔵法師だったとは・・・。

とんだ記憶違いだった。


それに気づいた俺は、一旦そこで思考停止させたのだった。

既にその日の剣道の稽古に行く時間が迫っていたのだった。

俺は、晩飯の支度を終えて、稽古に向った。


この日館長は、先週からヨーロッパ三カ国の指導の為の海外遠征中で留守だった。

すると、稽古開始前に館長に代わり、七段教士で一番年配のK先生がみんなに集合を掛けたのだった。

そして、突然発表したのだ。


「先週の11月28日と29日に行われた全国八段審査会で、当道場のO先生が見事合格されました!」


まさに突然の発表だった。

その場にいた全員が感嘆の声を上げて拍手した。


そして、続けて、言われたのだった。


「今回の審査会では、初日1,000人の内合格者3名、二日目1,000名の内合格者4名で、合格率は初日0.3%、二日目0.4%でした」

「O先生は、二日目の4人の合格者の内の一人です」

「神奈川県の合格者は、O先生一人だけでした」


みんな更に続けて感嘆の声を上げ、大きな拍手を送ったのだった。

O先生は、私が入門してからは、館長以下3人目の八段合格者だった。


O先生はこれまで、七段の中では一番下座に位置していたのだが、この日の稽古では、館長が不在だったために一番の上座になったのだった。


そして、稽古が始まり、俺はいつも通り六段のY先生に基本稽古をお願いした。

基本稽古を終えた俺は息を整えるべく、道場の隅から何気なくO先生の姿を見ていた。

丁度蹲踞から立ちあがった所だった。


すると、これまでは感じていなかったものをO先生から感じたのだった。


ずっと以前から俺が思っている八段の先生と七段の先生の圧倒的な違い。

『構え』

構えた時の立ち姿の美しさ。


全く力みが無いのに一本筋が通っているように見える構え。

その姿は、俺には、天上界から見えない光の糸で吊られているように見えるのだ。

何か神々しさの様な美しさを感じるのだ。

それが、八段としてのオーラなのだろうと思うのだ。


それは、蹲踞から立ちあがった時だけではなかった。

打ち合いの中でも相手との間合いを取った瞬間に見える構えの中でも同じだった。

俺は思った。


『すごい・・・』


この日見たO先生は、前週までのO先生の構えとは全く違って見えたのだった。

俺にはそう見えたのだ。


それは、蛹から脱皮して蝶になった瞬間を見た様な思いだったのだ。

すると、ある思いが浮かんで来たのだった。


「きっと、合格したことで一切の迷いが無くなったのだろうな・・・」

「それが確信となり、格となって表れているのだろうな・・・」


これまでの俺は、八段の先生方が共通して持っている七段の先生との違いを感じることは出来ても、それが一体何であるのかが分からなかった。

しかし、それが少しだけ分かったような気がしたのだ。


昨年八段に昇段したK先生の時は、昇段の前後、しばらくK先生は稽古に来られていなかったからその違いに気づけなかったのだ。

八段になってから稽古に来られるようになった時には、既に館長と同じオーラを放っていたのだ。


しかし、今回のO先生は、昇段審査日前日の稽古を見ていたのだ。

だから、気づけたのだと思う。

その違いに。


O先生は、その日の稽古の最後に穏かな表情でお礼を述べられ、68歳だと言われた。

七段での修業期間が、20年だったのか30年だったのか、何年だったのかは分からない。

しかし、やはり壁を越えた時、人は変わるのだと思ったのであった。


越えたから変わったのか、変わったから越えられたのか・・・。

本当のところは、俺にはまだ分からないのだが・・・。


俺は、自分の感覚で得た気づきを、もしかしたら剣道女子だったというPさんなら分かって貰えるかも知れないと思い、『気骨ある人生』という言葉のお礼に、剣道での気づきをコメントしたのであった。


(つづく)

« 俺の道 ~アラカン編~ 自己実現塾『晴太老の部屋』の巻 (4) | トップページ | 俺の道 ~自立編Ⅰ~ (8) »

剣道」カテゴリの記事

自己実現塾」カテゴリの記事